他者からの視線

IMG_8742

自分がファシリテーターとして集団の前に立つときに、自分の立ち振る舞いや言葉が「相手からどう映っているいるか」ということを気にすることがあると思います。

僕は子どものころから、他人の目が気になる性格でした。
自分の言動は、人から見ておかしく見えていないだろうか?間違っていないだろうか?

そんなことを考えて集団の中で関わっている自分は、どうしても一歩引いた関わりでした。

 

もちろん、まだまだそんなことが気になりますが、この数年で少しずつ手放せている感覚があります。
ファシリテーターとして、一人の人間として。

アドベンチャー教育の研修で、スタート時に子どもたちの前に立って自己紹介をする場面があります。
あれ、緊張してたんですよね。
やっぱり第一印象は大事にしたいと思うと「笑顔でいよう!」みたいなことを考えてみたり。子どもたちにとって好印象でいたい・・・なんて考えていました。

ワークショップ通訳でも、訳の言葉に詰まって参加者と視線が合うと参加者がどう思っているかをつい考えてしまって、次の訳が遅れたりすることがありました。

今年はそんなことがまったくなく、「今ここ」英語を話すメインファシリテーターの言葉に集中できました。結果、英語力は一年前と変わらないけれど、間違いなくパフォーマンスは上がった感覚があります。

それは年齢を重ねたから。
きっとなんとかなるという自信がでてきたから。
ライブ感の中で、臨機応変にことが進む流れに身を任せられるようになったから。

 

“Standing in the Fire”というワークショップで、僕が尊敬しているファシリテーターの一人佐々木薫さんに教わったこと。

51GHUgw1XAL

Standing in the Fireのテキスト。おすすめ!

「自分がどう見られているか?」→「この人はどんな人だろう?」と視点を変えてみること。

これは、僕にとってピッタリはまった考え方でした。

自分がどう見られていようとも関係ない。
学ぶのは目の前にいる人であって、ファシリテーターはそれを支援する人。
相手に集中して興味を持って関わると、自分がどう見られているかなんて考えるヒマはない!(笑
体験が持つ力、ロープスコースやアクティビティの力を信じること。
参加者の力、グループの力を信じること。
真摯に、願いを持って関われば、相手との関係性も作れるはず。
それでダメなら、今はそのタイミングではなかったと手放すこと。

利他的に考えていくと、自分がどう見られているかということは、どうもそんなに大切ではないんだろうな。

自然な姿で、ありのままの自分で、いつでもありたいものです。
自分の中の 思い- 考え – 行動を一致させようと努めること。
弱い自分も強い自分も、そのままでOKと思えること。
そういふものにわたしはなりたい☆

 

 

 

自分の考えを述べるということ

IMG_9324

久しぶりのブログです。
今日「子どもと保育実践研究会」の夏季全国大会に参加をして、ふとブログでのアウトプットをしたくなりました。

もともと僕は誰かに自分の考えを伝えるということが苦手でした。

たとえ自分にとって素晴らしい情報も、相手が必要としていなければそれは「余計なお世話」になりかねない。
健康情報や、ライフスタイルなど、自分が信じていて、心地よく過ごせていることで、メディアの情報が「嘘」かもしれないこと・・・そんなことを相手に薦めることにも抵抗があります。

それは、宗教でも、価値観でも、真実でも、幸せのツボでも、スマホのキャリア選びでも。
よかれと思って人に薦めても、選ぶのはその人。

Twitterで、とあるイラストレーターの方が「アドバイス罪」なんていう面白いことを言っていたけれど、まさにそんな感じ。
求めてもいないアドバイスって、世の中にはたくさんあって。
「絶対◯◯がいいよー!」って、結構無責任。
選ぶのは本人なんです。

ファシリテーターという役割も、「アドバイス」とか「教える」ということに価値を見出せない要因の一つ。
参加者・学習者が主体で学んでほしい=ファシリテーターはきかっけを作る黒子のような存在でありたい、なんていうことを信じていると、コミュニケーションやチーム作りについて、何かを直接的に語ることを自然と避けてしまいます。
体験の力を信じて、その経験の中で学んでほしい。もしくは、集団の中での気づきの共有から学び合ってほしい。その時間、その体験の中でだれも気が付かないならば、それはその個人やグループにとって「タイミング」ではなかったということだと思っています。

とはいえ、もちろん自分が伝えたいことを伝える方法はたくさんあって、

「ちょうど◯◯で読んだんだけど・・・」(本やニュースを介して伝える)
「◯◯という人が、こんなことを言いました」(偉人や知人の言葉として伝える)
「どう思う?それってこういうこと?」(問いかけ、質問で伝える)
「昔むかしあるところに・・・」(物語で伝える)
etc…

なんていうことを繰り返していると、ふと自分の考えや価値観を自分の言葉で語る機会が少ないのかもしれないなぁと。

3年前、コロラドのAssociation for Experiential Education に参加をしたときに、Prescott College教授に飲みながら教えてもらったこと。
https://fryoji55.wordpress.com/2014/01/28/aee-41st-conference-3/

Knowing < Understanding < Thinking
自分で考えることの大切さを、ふと忘れていました。

それに自分が感じていることFeelingも加えたい。

今は、ありがたいことに多様な教育の現場で、多様な人たちと仕事をする機会に恵まれています。
この夏の1ヶ月だけでも、自分の中での気づきや学びはたくさんありました。

ノートに書いたり、PCでメモしたりしていることも、忘れっぽい性格のためすぐに忘れてしまう。
風化する前に、人に伝えるように文章にしてみたい。

自分が見聞きした情報や調べた情報を書くのでなく、人に「これがいいよ」と伝えるのでもなく、ただただ自分が考えていること、感じていることを文章にしてみたい。

ということで、気まぐれにブログ再開です☆

 

 

アドベンチャー教育 feat. ファシリテーショングラフィックス

IMG_8044

先日のゲーム祭りで、大先輩でありアドベンチャー仲間のKAIと一緒に2時間半の活動をファシリテートさせてもらう機会がありました。
試してみたかったコミュニケーションゲームやら、無条件にバカバカしい遊びやらを大人70人でワイワイと。笑い泣き万歳☆

その時間をヤガイカツダーの仲間であり、湘南PACEの代表の一人である「ぎょ」くんにグラフィックを描いてもらいました。

IMG_8041

ファシリテーション・「ぎょ」ラフィック

いやーこれホントすごいんです。

前にも、彼にアドベンチャー教育プログラムを使ったファシリテーション研修会を2時間描いてもらったことがあります。
アドベンチャー教育フェスでも対談を描いてもらったっけ。

途中や最後に活動を振り返るときに、グラフィックを見た瞬間に、そのときの体験に記憶がシュッ!っと戻るんです。
「そうそう!このときにさ・・・」
「あー、あったね!こんなこと!」
「このときのことが、ココにつながったよね」

などなど。
体験の振り返りが、参加者主体で進んでいくきっかけを作ってくれる感じ。
そこまで描いてきたことが、一気に参加者に還元される感覚。

IMG_6083

NPO法人夢職人でのファシリテーション研修のふりかえり

「絵はだれにでも伝わる言語」

 

確かに!

前回は、ファシリテーターの言葉がけ立ち振る舞いなど意図してやっている支援の言動を拾って描いてもらいました。
今回のゲーム合宿ではゲーム(アクティビティ)のやり方とバリエーションを中心に描いてとリクエスト。
しかも、前日に学んだSL理論(Situational Leadership)を関連づけて、ファシリテーターの指導と支援が減って、参加者に権限が委ねられていく様子や言動を意図的に拾って描いてくれたことで、参加者にとってさらに学びの深まるきっかけを作ってくれました。

10人程度のグループが5-6コあったため、活動の説明を全体でしながら、一つのグループにモデルになってもらいながらルール説明をしていたときに、
1)一回目 → 「じゃあ、このグループモデルになってくれますか?」
2)二回目 → 「どのグループか、モデルになってくれるところありますか?」

と、ファシリテーターが指示的にグループを選ぶ vs. 参加者にどのグループがモデルになるかを委ねる
のような、些細な違いだけれど、ファシリテーターのリーダーシップスタイルを変化させているところを、ぎょが丁寧に言葉を拾って意味付けしてくれていたり。
(この瞬間は僕は無意識にやっていたのですが・・・)
ファシリテーターの振り返りと、意識アップにもとても有効だと思います。

グラフィッカーが何を拾って描くかによっては、学びをコントロールしてしまうほどの影響力があるからこそ、主観を中立の立場で描くことは難しいことだと思います。
場が見えていないと描けないはずなんです。まさに場のC0ファシリテーター!
僕も以前、一般社団法人 サステイナビリティ・ダイアログという団体のグラフィックファシリテーションの研修を受けたことがあります。

中学のときに、美術の先生に「お前に絵は無理だ、彫刻でもやってろ」と勇気付けられ、木を削ることは大好きになりました。その代償として、絵を描くことに苦手意識を持ち続けていた自分でも描ける!ということを学んだ時間でした。

アドベンチャー教育プログラムとファシリテーショングラフィックのコラボレーション、もっともっと試してみたいです☆

Special Thanks to Gyo.

 

2016年ゲーム合宿

IMG_8044

毎年恒例の新年学びの場。
僕にとっては、新年に仲間と出会って、笑って、エネルギーを充電する日でもあります。初めましての人、懐かしい人、二日目の終わりにはみんながハグできちゃうくらいの間柄になれる不思議な空間。

学校の先生を始めとして、教育に関わる人が70-80人集まって、「ゲーム」をたくさんやってみる中で、毎回様々な学びがあるんです。

「ゲーム」=遊び

と言ってみるけれど、それを教育現場では目的をもった「アクティビティ」として使うことだってできる。

でも、FUNN(Functional Understanding is Not Necessary = 機能的な理解は不必要な楽しさ!!)を大切にしている集まり。
目的やねらいを持って活動をすることも大切だけれど、無条件に楽しく活動するということの大切さを忘れちゃいけないと思い出させてくれる場です。

ということで、二日間たくさん動いて、たくさん笑いました。
大人たちが真剣にくだらない遊びをやって、涙を流しながら笑いあえるということが素晴らしいなぁ。


夢中になって遊んでいる瞬間は、心が「今・ここ」にいる状態。
「遊びの目的は行為そのものの中にある」ということで、きっとその行為をすることで人は快の感情を感じているはず。

自分が好んでその活動(遊び)をするのだから、自分がその世界の中心にいられる。そして、その世界は自分が想像し、意思決定できる。

遊びに没頭できる子っていいなぁと思うわけです。
反対に、大人や周囲に気を使ったり、集中できずに「遊べない子」もたくさんいるわけで。

アドベンチャー教育系の遊びは、基本的「集団での活動」。
誰かと一緒になって、真剣に夢中になって遊べるということは、その人間関係にはきっと「安心・安全」を感じられるということなんだろうなぁ。

だれかと一緒になって、遊びに夢中になれるということは、環境や周りに対して安全を感じて、さらにその人との関係性にも安心を感じられるということ。

それが、グループで一緒に遊べる・・・ってすごいことだなぁと思います。そして、その世界の中心に立って、自分たちで世界を創造して、判断して、決定して、行動する経験は、きっと自主性を育てることにつながっていくはず。

なんて考えると、「遊び」の持つ力は偉大だなぁと思います。

そんな「安心・安全」な環境の中に、個人のありたい姿や獲得したいスキルへの目標設定があり、集団を育てる行動規範があり、体験を振り返って学ぶサイクルがあり、ファシリテーターという主役に寄り添った支援者がいて・・・
夢中で遊ぶ中に起こっているプロセスに、意図的に学びを見つけていくのがアドベンチャー教育なんだと思っています。

おバカに遊ぶ大人たちの集まりだけれど、結構哲学的な、崇高な学びをしているんじゃないか!と思うわけです。

 

つづく・・・

ベジ&フォークマーケット11☆

IMG_0610

変わっていくもの、変わらないもの、変えていくもの

無事にベジ&フォークマーケットvol.11終了しました。
今回も色々あったけれど、とても楽しい時間でした。
特に2日目の雨!出展者、来場者は大変だったと思いますが、個人的にとても楽しみました☆

運営メンバーも、それぞれの人生を進んでいて・・・
子どもが産まれたり、引っ越したり、新しいチャレンジをしていたり。
メンバーの環境も変化し、参加の形も変わりながら動いています。

毎回毎回、「前回と同じ」ようにはできないんだなぁと感じます。

でも半年に1回、このメンバーで集まると一気にスイッチが入る。
お互いのスキルや長所もわかっているし、遠慮なしにやることを進めていける感じ。本当に、頼りになる仲間たちです。

なにより、毎回このイベントの土台を創る戸田夫妻。
トッティのブレない軸とお洒落なデザイン。
のんちゃんの出展者センスとマネジメント力。
この二人へのリスペクトは、年々高まります。
二人が島根で立ち上げたCafe「蔵庭」、そろそろ行ってみたい!!

そして、毎回ボランティアスタッフに恵まれているのが、このイベントのすごいところ!頼もしくて面白い人たち手伝ってくれるんです。

ありがたいなぁ。

 

今までと比べて、着実に出展者数も増え、イベントの備品も増え・・・。
そろそろキャパオーバーなのかなぁとも感じます。

改めて、イベントやワークショップで思うことは、「マイナスのデザイン」の大切さ。
これは、「ワークショップデザイナー育成プログラム」で学んだことでもあり、今の職場で感じていることでもあり。
思い返せば、ベジ&フォークでも、ゴミの分別と処理が問題になって、スタッフが必死に動いていたこともありました。でも、出展者・来場者に協力をお願いして、「ゴミ箱をなくした」ことで、イベント全体の運営と雰囲気がよくなりました。

駐車場のこと、テントの設営&撤収、会場作り、ボランティアスタッフのマネジメント、ステージetc…

スタッフ、出展者が無理なく関われるために、モノやコトを減らすデザイン。
減らした結果つまらなくなるのではなく、人の行動や気持ちが肯定的に変化したり、一つ減った結果、他で力が発揮できたりする。
何ができるのか考えどころです。

これは普段の仕事でも同じ。仕事はやればきりがない。
教育の世界では、「子どものため」と言えばなんでもやりたくなってしまう。
決して手を抜くわけではなくて、「良い加減」な時間と労力の使い方って大切だなぁと最近思います。
ましてや、働いている人たちの「生活」が充実するような時間を守ることは、これからもっと多くの職場が考えていかなければいけないこと。


「朝活。人とつながるワークショップ」

8日の朝に、出展者、来場者、スタッフをつなぐための、ちょっとしたワークショップを仕掛けてみました。・・・が、雨雨雨。

2日目ということで、出展者の準備が早く終わればと少しだけ期待していましたが、終わるはずもなく。

結局、一般の参加1名(たかもっちゃんありがとう!)、親子遊び場ひなたぼっこのメンバーたち、ボランティアスタッフたちのみの集まりでした。
それでも10数名の参加者。

仲間に教えてもらった素敵な絵本が前日に届いたので、その読み聞かせからスタート。

どんなきぶん

げんちゃん、ありがとう!

みんなの気分はワクワクだったり、初めての場所で緊張だったり。
ちょっと遊んで、ちょっとおしゃべりした楽しい時間。

その横で、出展者はバタバタと忙しそうに準備していたけれど。

この時間帯ではもうやらないかもしれないけれど、このイベントに関わる人たちが交流を広げ深める場を改めて作りたいと思いました。

 

今回もフォトグラファーを楽しみました。
人を撮るのが好きなんだなぁと改めて感じ、カメラを向けることで生まれるコミュニケーションがうれしかったです。
もっと、出展者やアーティストの素敵な瞬間を探って撮りたいなぁ。

といいつつ、人が写ってないものばかりをアップしてみる(笑

 

 

Vege&Fork Market vol.11 朝活 人とのつながりワークショップ

1453245_597745386959860_1027077000_n

Vege&Fork MarketのスタッフのRyojiです。

ベジ&フォークの立ち上げ第一回目から、スタッフとして関わってきて早5年。
第10回を終えて、またイベントが新しいステージに進んで行くような気がします。

このイベントに関わって、「地域のつながり」「人のつながり」が圧倒的に豊かになったということ。
年に2回だけのイベントだけれど、たまに会うスタッフの仲間たち。
ちょっとコーヒーを飲みに行く、野菜を買いに行くにしても、チェーン店ではなく、安心できる知り合いのところへ。
ご飯を食べに行くのも、安心で美味しい出展者や、そのつながりで知り合った人のお店へ。
お金を払うなら、一生懸命がんばっていて、身体にも社会にも優しい人のところに払いたい。

そうやって、自分の生活の周りに安心できる人やお店が増えていったことが、このイベントのスタッフをやっていて一番良かったなぁと思うことです。
1505325_786728001394930_3867306302726777648_n 10461383_786728018061595_6901945224705797922_n

麻生区に住み始めてもうすぐ10年。
「地元」という感覚が強くなってきました。

自分が良いと信じているものも、それを今求めていない人に強要すると、それはお節介。
それは僕が関わる教育の世界でも同じことで、学ぶにはその人の求めるタイミングがある。

ベジ&フォークは、「今日はちょっといつものと違うもの食べてみませんか?」というゆるい提案。
そこに、いつでも自分で選ぶ権利があるって大切だと思うんです。

食のこと、健康のこと、ライフスタイルのこと。
人の価値観はそれぞれだけれど、ぜひとも知って欲しい気持ちの良い暮らし方。
そして、人のつながりの大切さ。

ベジ&フォークに出展する人、スタッフ、コアなお客さんは、気持ちの良い人が多いんです。

ぜひ、そんな中につながりを作る場を作りたいと思っています。
自分の専門である「アドベンチャー教育」「ワークショップ」「ファシリテーション」を活かして、朝イベントをゆるりと開催してみようと思います。

朝の短い時間ですが、みんなで集まって、名前やその人の素敵なところ、ベジ&フォークとのつながりなどを知り合う時間。
少し身体を動かして、少し頭を使って、心も使って。
みんなで笑顔になれる時間を創りたい。

以前、「体操ワークショップ」をやらせてもらったのが2012年5月。
その時、横浜市青葉区の地元メディア、森ノオトに取り上げていただいた記事がコチラ。
http://morinooto.jp/news/ecoloco-report/vegefork_market_1/

「チーム・ビルディング」という言葉が、企業やスポーツチームで言われています。
僕は、ベジ&フォークという共通の興味で集まっている人たちの中で、「コミュニティ・ビルディング」の場を創りたいと思っています。

「いつも見かけるあの出展者さん。でも名前なんていうんだろう?」
「そもそもどんな想いで、このイベントに来ているんだろう?」
「挨拶できたらいいな。」

ということで・・・


「ベジ&フォーク朝活
       人とのつながりワークショップ」

日時11月8日(日)9:00 〜9:45 (イベント全体は10:00オープン)
場所麻生環境センター レンガの通りの広場(上階部のグラウンドへの階段や、トイレがあるところ)

場をつくる人:藤樫亮二(Fujikashi Ryoji)

やること
ちょっとした体操、ちょっとしたコミュニケーション・ゲーム
みんなが笑いあえるようなこと

こんな人に参加して欲しい
・出展者さん(お店の準備を早めに済ませ・・・何人かで出展していたら、1人くらい参加できるかな?)
・出展者の子ども(朝早くから一緒に来てくれてありがとう!一緒にあそぼう☆)
・新しい人の出会いが好きな人(ご近所住まい、ベジ&フォークを朝一から楽しみたい、出展者・スタッフと知り合いたい)
・コミュニティづくりに興味がある人
・まあ、要するに誰でもウェルカム!

申し込みはこちら。
https://www.facebook.com/events/173794889632549/

飛び込み参加、もちろんOKです!

紅葉のけやき並木で、気持ちのよい朝の時間を一緒に過ごしませんか?

ぼくらの大島一周チャレンジ ②

SANYO DIGITAL CAMERA

その①はコチラ



チケットセンターのおじちゃんに、「大島公園まで6km、そこから16km・・・もうちょっとだなぁ」と言われた距離感はあんまりピンとこず、小雨降る中意気揚々と歩き出した5人。

歩き出すと、意外と荷物が重いことに気がつく。

「行けるのかなぁ・・・」と、また少しだけ不安になる。今回は、テントやら寝袋やらも持参。2日目の朝に知ったのは、Takashiの荷物が一番重かったってこと。ありがとね。

大島一周道路の表示を見つけ、軌道に乗る。

SANYO DIGITAL CAMERA

 トンネルを抜けると・・・そこには、また次のトンネルが。

気分はStand by Me。

1時間ちょっと歩くと、通りに「武田商店」なるお店発見。

「!!」

開いてる!?

時計を見ると7時を過ぎたところ。オープンしたて!!Yeah!!
品揃え豊富で、そこには「お惣菜」コーナーがあり、まだ温かい「さざえご飯」400円なり。
予想外の朝ごはんと、その美味しさに感動☆


と、そこで雨も本降りに。
なんだか、もうゴールしたような気分でまったり休憩。

これでしばらく何もないはずと、気合を入れ直して再スタート。
暑いから雨具は着ない選択をし、5人で濡れながら歩く。雨が心地よい感覚☆

民家の脇で、「ガサガサ!!」と音がし、パッと見ると何やら動物の影が。

「キョンだ!!」

ちょっと小柄な足の速いヤツ。
シカ科ホエジカ属に分類されるシカの一種。

「がきデカだよ、キョン!!って、知らないの?」とKAI。
「・・・」世代が違うみたい(笑


道の横に、「美しい日本の歩きたくなる道500選」の入り口発見。

大島一周道路から離れることは、遠まわりを意味するため、入り口で悩む。
ちょっと山道で、サンダル履きのKAIには向いていない道。

「よし、せっかくだから行ってみよう!」

少し悩んで、みんなで脇道に降りてみる。が・・・5分ほどで、元の都道に戻ってしまった。
あれ?

どこかに道があるはずと探してみるも、見つけられず・・・どうやら、土砂崩れで何箇所か道が埋まってしまったようだ。
残念!

それにしても、「500選」ってことは、各都道府県に10選くらいあるってことだよね。ありがたみが・・・
ちなみに、全部完歩すると、日本ウォーキング協会なるところから認定されるらしい!?

大島公園までもう少しと思われるあたりで、また分かれ道が。
海沿いの遊歩道と、都道との2択。

話し合いの結果、RyojiとTakashiは遊歩道へ。残りの3人は都道を進む。
遊歩道は、これなら100選に入れてもいい!と思える、美しい景色と動植物に囲まれた遊歩道だった。
IMG_7131

朝散歩の地元老夫婦との会話、歴史の名残、野生猿との出会い、多様な植生。
ここはクモの巣との戦いでもあり、トレッキングポールが大活躍!

IMG_7130

都道には、こんな魅力的な道が☆

20分遅れて、大島公園に大集合。
時間が少し早いせいか、観光客がまったくいない売店で大島アイスを購入。靴を脱いで一休み☆

IMG_7047

結構疲れた感じ。


さあ、ここからが本格的な登り。
バスもほとんど通らなくなる道へ。


いざ再出発!

その③へ続く・・・と思いきや、気まぐれに終了(笑

完!!